術後六日目。抜糸、そして明日は退院。

| コメント(0) | トラックバック(0)
抜糸しました。.jpg
予定通り、午後昼食の後抜糸してもらいました。
きれいにくっついていますから安心して下さい、
って言って下さいましたが、それでも心配。
無防備にしておくのは不安なので、早速マフラーを。
マフラーは好きで、夏でもしている位
これからマフラー季節だから丁度良いね。

そして、明日もう一度診察をうけて退院です。
七日目の朝退院。予定通り

そうそう、今回入院時に付けられたバーコード。
今では当たり前の事だけど、管理されてる!
ってある意味安心です。
点滴も今は金属針じゃなくてストローみたいな物で
自由に動けるんだよね。
バーコード入院.jpg





さて、今日も戦い、食事から。

六日目の朝食.jpg
朝食は定番の卵料理の変わりに鳥とごぼう。
少しの量でも朝から肉は元気になりそうです。
でも、やはりご飯が、、、、、
なんでこんなに固いんだろう、、、、
結局ご飯は1/4位食べただけ
でも、ヨーグルトを心配せずに食べられるのは
手術のお陰、
又、ブルガリアに行きますか!








六日目の昼食.jpg
朝食後、弱音を吐いて
又、全粥に戻してもらいました。
でも、お昼はうどん。
柔らかくて、食べやすそうだけど、フ〜っ
何だかエネルギーが無くなって行く
食べるので疲れてしまいます。

今日は午後母が来るので、
その時一緒に何か食べようかな、、
って、事で無理をせず残しちゃいました。





昼食が終わった頃、母が来てくれました。
少しロビーで話していたら、執刀医のH先生がいらしたのでご挨拶。
で、時間があるので今しましょう、って事でそれから処置室で抜糸してくれました。

その後は、院内のレストランで話しながら食事しました。
体力が落ちている感が強いので、肉が食いたい!って870Kcalのハンバーグ単品。
これなら食べられるでしょう〜。母は此処で一押しのエビカレー。
それも、横から少しもらって食べちゃった。
やはり肉はエネルギーが出るなあ、何となくね。 
付け合わせのフライドポテトはオイリーで食べられなかった。
これから、帰って暫くは食事に気を使いそうです。




六日目、東京タワー.jpg
母とは暫く色々話しました。
食事の事。それから、舌が上手く動かないので難儀している、
って言う話。唇の右の端からのヨダレ。、、
術前の説明で、今回の手術のメリット、デメリットを
H先生から説明を受けました。簡単にいえば
メリットとしては、もう腫れる事が無い、と言う事。
デメリットは、一過性の後遺症がある、と言う事。
口から物が溢れる事は覚悟していました。
後は、いつまで後遺症が残るか、と言う問題。
長い人で2ヶ月と言う話もあれば、更には一生と言う話も。
でも、ちゃんと治りますから、って言ってくれた
先生を信じるしかないね、、。

最後だから、ちゃんと撮ってみました。
東京タワーの方がやはり綺麗!って思いません?



六日目の夕食.jpg
全粥に戻して頂いた夕飯。
やはりこれだわ〜。
肩から力が抜ける安心感。
その分ご飯を食べ過ぎちゃいますけど、
帰ってからも暫くはこれが楽だね。

夕飯前に友人Jちゃんの奥様と娘のKちゃんがお見舞いに来てくれました。聞いて無かったから、初めは偶然誰かのお見舞いに来ていたのかと思いました。
夕飯前の退屈な時間を楽しく過ごせて良かった!
ありがとうございました!





六日目、最後の夜.jpg
さて、入院最後の夜です。
シャワーにも入りました。
これからの事色々考えました。
折角、ターニングポイントを
回らさせて頂いたのだから。

この何年かはこの仕事をさせてもらっている以上、楽しんで、苦しむ事も楽しんで、
ってやって来たつもりですが。

この入院で更にその事を考えました。
今、自分が演劇、音楽の仕事をしている事、
それはとても幸せな事なんだと、、、
もっともっとこれから頑張らなくては!

HPのアップは、人に見てもらう正にダイアリー。
自分を俯瞰するのにはとても良いアイテムです。
これからも、HPも頑張りましょう!


さあ、明日はいよいよ退院。セカンドライフの始まりです。
午後にはピアノの調律にも来てもらう事になってます。
食べる不安はあるものの、なんだかわくわくします。

最後に、退院の日の朝。このダイアリーを書いている時に見た朝日です。
スタンダードの名曲にある様に「朝日のごとくさわやかに」
さわやかに帰宅したいですね!

7日目、退院の日の朝日.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.uedastudio.com/mt/mt-tb.cgi/159

コメントする