2012年11月アーカイブ

仕事開始!

| コメント(318) | トラックバック(0)
今月末、11月28日初日の舞台「明暗」。
その、通し稽古に行ってきました。
詩劇なのか会話劇なのか、、、未だ芝居の方も模索中の模様。
とりあえず音楽をぶつけてみようかな、、、、今週末までに何か作ってみよう。

初仕事.jpg

体調は悪くない。打ち合わせ等、やはり話す事には難儀する。
舌の右側が分厚くなっていて、そのせいだと思うけど、これは腫れなんだろうか、、
来週には外来診察があるからその時又聞いてみよう。

昨日、無事退院しました。
今朝はいつも行っている東伏見神社にお参りに来ました。

退院後、東伏見神社.jpg

前にも書いた事ですが改めて、今まで生きてこられた事に感謝。
そして、これからも皆の幸せ、良い作品を作る事が出来ます様、
お導き、宜しくお願いします、とお参りしました。

歩いてきました。自宅に戻ってから、つい入院中よりもサクサク動いてしまい、
すぐ疲れてしまったりしますが、今朝はどうしても歩いて来たかった。
お参りしていたら、強い陽射しを感じました、、、。


抜糸しました。.jpg
予定通り、午後昼食の後抜糸してもらいました。
きれいにくっついていますから安心して下さい、
って言って下さいましたが、それでも心配。
無防備にしておくのは不安なので、早速マフラーを。
マフラーは好きで、夏でもしている位
これからマフラー季節だから丁度良いね。

そして、明日もう一度診察をうけて退院です。
七日目の朝退院。予定通り

そうそう、今回入院時に付けられたバーコード。
今では当たり前の事だけど、管理されてる!
ってある意味安心です。
点滴も今は金属針じゃなくてストローみたいな物で
自由に動けるんだよね。
バーコード入院.jpg





術後五日目。ずっと良かった天気でしたが今日は雨。情報によると今晩にかけてかなり荒れる様です。

母が来る予定でしたが、天気が悪いので無理して来ないで、ってメール断ってしまった。

母には悪い事しちゃったな、、、。

さて、退院が明後日と決まり、退院後初仕事の舞台のお知らせです。


術後初仕事「明暗」.jpg

























福田恆存作「明暗」。主人公が開眼手術を終えて帰ってくる、、、
僕にとってはあまりにもタイムリーな作品でしょ〜。
11日には通し稽古に行く予定。体調整えないとね!
ドレーンが取れました!2.jpg
四日目。ドレーンと言う腫れの為に出る血液溜の器具が取れました!
術後毎日処置室でそのドレーンから溜まった血液を抜いて計量するんですが、初日の35ccの後、ずっと4ccキープで、ちょっと心配していましたが、
先生によると心配の無い量で、10cc以下になれば外して良いもの
なのだそうです。
でも、僕の場合少し腫れが多かったので安全策を取ってくれていたそうです。
管を抜く時に少し、ヌルっとした変な感じがありましたが、
痛くもなく取り外し完了!
これで大分楽になります。
三日目朝食後.jpg
三日目の朝の顔。朝食直後の写真ですけど、未だ痛そうな顔。実際腫れの為に未だ口は左半分しか自由に出来ないです。
でも、腫れのわりにはあまり痛みはないんです。今回、傷が痛くて痛み止めが欲しい、と思った事は術後一度だけ、それも看護婦さんが血圧が上がっているのは痛みを我慢しているからじゃない?って言ってくれて、そうかな〜って一度座薬をお願いしただけでした。勿論、切っているわけですから何かの弾みに痛い、って感じる事はありますが、連続的に痛みが出た事はほとんど無かったです。


二日目朝の顔.jpg
術後二日目の朝の顔。顔の腫れは相変わらずありますが大分元気な感じですね。
昨夜は眠剤を使用して、しかも夜中の点滴のないからグッスリ眠りました。
起きて、身体を拭き下着を替え、そうこうしていると朝食です。
昨日の事があったので、今日の食事は始めから諦めて野菜ジュースとゼリーで済ませるつもりでした。でも、駄目元でお粥を口に運んでみたら、食べられるじゃないですか!総菜も左によせて噛めちゃいました。そのまま嬉しくて完食。ごちそう様でした!
勢いで食べてしまったので写真は撮れなかった、、。








まず、入院する前にau iPhone5に機種変出来て良かった〜。非常に快適なLTE Net 環境です。
解約金には参りましたが、結果持ちものが iPhone5とMacBook Air。身軽になりました。
さて、入院レポートです。
流石に手術当日は吐き気と痛みで辛かった。痛みの方は流石に首を切っているわけだから想像はつく。でも一度夜に座薬を使ったらそれほど辛くは無かった。でも、吐き気には参りました。麻酔のせいなんでしょうけど、胃にないも入っていないから吐いても何も出て来ない、、
点滴も入れてはもらいましたが吐き気は翌朝まで残りました。それから、やはり寝られない。
ドレーン.jpg

首にはドレーンと言う、たまった血液を外に出す器具が繋がっているし、左手には点滴。そしてこの点滴が
僕の場合なかなか上手く入らない様で、身体の微妙な向きで止まってしまって、結局自分で確かめながら身体を移動させ寝ていたから、寝た気が全くしなかった。明け方、ようやく点滴が終わり、眠れるかな、って思ったときの顔が、これだ!
手術翌朝.jpg
  でも、手術翌朝にしては元気そうですよね。未だ手術衣着てますけど。
手術一時間前.jpg
30年前最初に顎が腫れた時は訳が分からず、冷やして良いのか暖めた方が良いのか、、。今考えれば暖めるなんて言語道断、でもドライヤーを当ててしまったり、、大バカでした。
大学を出て、池辺先生のアシスタントを初めてやらせて頂いた作品。歌唱指導としてお付き合いした無名塾の「マンドラゴラ毒の華」。その旅初日に行くと言う間際、、結局、抗生物質を飲んで飛行機に乗りました。あれから30年、、、。
疲れると症状が出て、特に海外、地方で発症することが多かった。その石と決別です。
今回の手術、入院ブログは自分も手術をするのに大分悩みましたし、同じ様な事で悩んでいる方の少しでも参考になれば、とおもいつくまま記する事にしました。
さて、写真は手術室に呼ばれる一時間前。全身麻酔の為に前日21時からは絶飲食の為、点滴で水分を補給しています。
全身麻酔は初めてだったので不安が一杯。
もう二度と目が覚めないのでは、と、、、。