2012年10月アーカイブ

今朝、約30年ぶりにヒゲを全部剃ってしまった。
それは、ある手術の為で、その為に今日から入院しました。

ある手術とは、顎下腺の摘出手術。疲れがでると顎の下が腫れて、酷い時には

腫れた!.jpg
こんな状態、、、、。
3月の時はこうやって冷やしながら
リハーサルを、、
後は抗生物質を飲んで治まるの待つ、
唾石(唾液腺に出来る石)が原因とは
分かってはいたけれど、
あれから30年、、、。

先日勧められて一度検査をしたら
CTに唾石が2個綺麗に映っていて、 
手術したらと進められ、、、
する事にしました。

唾石症(唾液線に石が出来る病気)には色々なケースがあって、
大きさ、場所によって治療方法も色々あるようです。
石が口腔内から取れる場合ならば一番楽で、僕の場合も一つはそのケースなんだけど、
もう一つは顎下腺のかなり奥の方なんで、外から手術をして顎下腺ごと摘出する方法がベスト、
と言われました。顎下腺の権威、と言われる先生がそうおっしゃるなら、お願いするしかない。
気がつけば、来週は誕生日を迎えます。55歳最後の大イベントが明日行われます。
今朝は手術の為に30年ぶりにヒゲもそりました。

ひげ有り.jpgひげ無し.jpg

病は気から舞台.jpg

もう、K-CATの公演終了から一週間がたった。
楽しい作品作りだったな〜。
この写真は、K-CATメンバーの横川正枝さん撮影。あまりに綺麗だったから分けてもらいました。
舞台美術は東京組の岡田志乃ちゃん、照明は金沢の宮向隆さん、写真では分からないけど
音響はいつものメンバー金沢の國谷達也さん。今回は生演奏で適当にやっていたので
初日の僕のいない書き割り君の時は、國谷さんが音を出してくれた。
前前日の通しを通しで録音して、編集して、、、何とキューの数は70あったって、、感謝です!!
勿論、演出の西川さんは作品全体をまとめてくれてますけど、舞台監督の道場さんの仕事ぶりも凄い。
今回は忙し過ぎてあまり飲めなかったものね。
K-CATの公演としては、次は2014年の2月。
生演奏が必要な作品ではないから、次は少しのんびり出来そうだな。
先週9日から金沢入りして作品作りに付き合ってきた「病は気から」の公演も
今日の11時と15時の公演で終了する。始まってしまうとあっと言う間だな。
モリエールの作品と付き合うのは初めてだったけど、「喜劇」っていう事では、
以前地人会の公演で木村光一さん演出の「イエッペ」があったのでそれを思い出した。
「イエッペ」でも生演奏で喜劇的な部分に対してチェンバロの音色で、
即興的に音を付けていく方法を試してみた。今回はその方法でほぼ全編、、。
台本の台詞、役者の芝居に対して、自分の演劇的反応を信じて音を出す。
今の自分の仕事の原点なのかな。楽しい時間だ。

初日だけは「ハンナのかばん」の公演があったので、この書き割り君が頑張ってくれました!

書き割りの僕と、、、.jpg

金沢の初日の生演奏を勘弁してもらって、昨日、一昨日は大坂に行って来た。
劇団コーロの「ハンナのかばん」を吹田のメイ・シアターで上演する為。
そして今回は大坂では初めての初の生演奏バージョンでの公演だ。

ハンナの鞄(吹田).jpg

今回演奏して下さるのは。松野迅(Vn)さんと榎田匡志(Pf)さん。大坂でとても人気のある演奏家だ。
素晴らしいい演奏でした。芝居の効果として作曲した曲が、独立した曲として起き上がってくる感じがした。作曲家としては嬉しい時間でしたね〜。感謝です。
僕は金沢で弾かなきゃならないので昼の部を観て出てしまったけど、演出の菊池さんのメールでは
夜の公演は更に良くて、今までで最高の「ハンナのかばん」だった、って!




金沢入りしてから一週間。明日は初日です。
今回は生演奏で芝居をサポートしていますが、初日の明日は別仕事で大坂。
前から決まっていたのでどうにもならず、明日は録音版での公演。
それもあって、今日のゲネプロも録音版でやります。

連日、午前中から劇場入りして、劇場出るのが夜の11時位。やはり疲れますね〜。
でも、時間があれば歩きます。今朝はけっこう歩きましたよ!

浅野川ちょい紅葉.jpg

ウィークリーマンションを出て、城跡を抜け兼六園の無料の外周を回り浅野川方面におりる。
紅葉が少し始まっていますね。

K-CAT公演の音作りは基本的に現場に入ってからやってます。
今回もこんな感じで芝居を見ながら即興的に音を入れていっています。
楽しい時間ですけど、これが以外と疲れます。
役者たちの芝居とリアルタイムで対峙しているわけですから、、、


病は、、稽古中.jpg

金沢の朝

| コメント(377) | トラックバック(0)
変わりやすい金沢の天気。朝起きて陽が出ているともったいなくて、
少々眠くても歩きたくなります。
昨日は金沢城回り、今朝は東の茶屋町。
舞台作りの方は着々と進行してます。
金沢城/2012.jpg東の茶屋町/2012.jpg

芝居の音作り

| コメント(444) | トラックバック(0)
昨日の夜の稽古に間に合う様に機材をセッティングしました。
開帳場の舞台の下手袖。とりあえず何でも出来る様に用意。


稽古では一幕をアタマからやっていき、音楽を即興的に付けていってみました。

今日から金沢入りだ。毎度の金沢、K-CATの公演の為。
(公演の詳細は、こちらへ! http://www.k-cat.net/)
今朝、仕事機材一式車に積み込んで来ました、が、、やはり遠いね〜
昨日の仕事が夜だったので少々寝不足だったのが応えました。
今日は稽古を見るだけで、明日からは少しずつ音を入れていきたいです。


金沢芸術村 2012.jpg

今日からはこの建物(金沢芸術村)の中のドラマ工房で各スタッフは作業。
僕も傍らで作曲、音作り。そして夜は稽古。
演劇制作の原点の様で、演劇的アドレナリンが多分沸々と、、、、わくわくします。