「ハンナのかばん」

| コメント(0) | トラックバック(0)
26日、福生(ふっさ)で劇団コーロ公演「ハンナのかばん」の公演があった。
今回はピアノとバイオリンの生演奏なんで、音の調整の為に25日の舞台稽古から参加した。
改めて良い作品だと思った。
「ハンナのかばん」はアオシュビッツ収容所の話。生と死がテーマだ。
大震災は自然の災い。そして生と死。
時代と自然とは全く違うもののはずなのに、何かいつも違う感覚で芝居を観てしまった。

ハンナ2011.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://blog.uedastudio.com/mt/mt-tb.cgi/73

コメントする